2010年04月17日

インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)

 日本糖尿病協会の「インクレチンとSU薬の適正使用に関する委員会」はこのほど、インクレチンとスルホニル尿素薬(SU薬)の適正使用についての勧告を発出した。

 同委員会では、昨年12月に発売されたインクレチン関連の2型糖尿病治療薬シタグリプチン(製品名=ジャヌビア/グラクティブ)をSU薬に追加投与後、重篤な低血糖による意識障害を起こした症例報告が後を絶たないとして、原因究明や対策案の策定のための検討を進めていた。SU薬とシタグリプチンとの併用で重篤な低血糖を起こすケースには、▽高齢者▽軽度腎機能低下▽SU薬の高容量内服▽SU薬ベースで多剤併用▽シタグリプチン内服追加後早期に低血糖が出現―の5つの特徴が認められたとしている。

 勧告によると、SU薬ベースで治療中の患者にシタグリプチンを投与する場合、SU薬は減量することが望ましく、特に高齢者(65歳以上)や軽度腎機能低下者(Cr1.0mg/dl以上)、その両方に当たる人にはSU薬の減量を必須とする。また、SU薬の1日の投与量がグリメピリド(アマリール)で2mg、グリベンクラミド(オイグルコン、ダオニールなど)で2.5mg、グリクラジド(グリミクロンなど)で40mgをそれぞれ超えている場合は、同量以下に減量する。その上で、血糖コントロールが不十分な場合は、そのままシタグリプチンを併用し、必要に応じてSU薬を増量する。血糖の改善が見られればSU薬を減量する。

 このほかSU薬について、高齢者や軽度腎機能低下者への投与は慎重に行い、投与後効果が少ない場合も安易に増量しないこととし、投与するときは低血糖の可能性を常に念頭に置くことや、低血糖の教育など患者への注意喚起の必要性を指摘しているほか、シタグリプチンとの併用で投与量の判断が難しい場合は、専門医へのコンサルトを強く推奨するとしている。

 同委員会では、今後の症例蓄積や解析の結果により、適宜勧告の追加修正を行うとしている。


【関連記事】
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」
国内初のGLP―1受容体作動薬の承認を了承―薬事分科会
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ

奈良公園のシカ殺害、30代男きょうにも強制捜査(産経新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)
井上ひさしさん密葬 「残念」「遺志継ぐ」(産経新聞)
<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
<火災>鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)
posted by ムロタ ケイジ at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。